業務と財務・会計について

何かをつくるとき、なにかを生み出すとき、なにかを維持する時などには、お金が掛かる場合と掛からない場合があります。身近な話になるとたとえば服や食料品は持っているだけではお金が掛からないのが普通ですが、クルマに関して言うと持っているだけでも月々数万円というお金が掛かるのが現状です。

 

このようにお金の問題はわたしたちの生活のいろいろなところにおいてからんで来る存在でありますが、有料道路として認められている高速道路もお金の掛かる存在であると言うことを忘れてはいけません。そしてこの高速道路は一部の地域においては地方道路公社が管理をしています。そう言うように有料道路、それから有料のクルマの駐車場を管理・維持しているのが地方道路公社の業務になります。

 

この有料道路の維持や管理以外にも業務が出来る場合があり、設立した団体のトップの人の認可があれば、地方道路公社が道路運送法にもとづいて一般のクルマの道路を建設したり管理をすることが出来ます。会計や財務については同じくその団体のトップの人から予算などの面において承認を受けるシステムになっており、債券の発行をして設立をした団体の債務の保証を受けなければならないものになります。

最近の投稿