概要

国から認められており、国、もしくは地方公共団体が保有している公企業のひとつであるのが地方道路公社です。地方道路公社はいったいどのようなことをしているのかと言うと、その名前のとおりに各地方の有料道路、それから有料のクルマの駐車場を管理することを受け持っている団体になります。

 

基本的にこの地方道路公社を設立するためにはいくつかの条件があり、国土交通大臣などの認可が必要であったり、50万人以上の人口が記録されている、政令で認められた「市」であることなどの条件があります。そして会計などについては設立団体のトップの人から予算の承認を受けなければならないシステムとなっていますので、債務保証などの問題も含めてそのあたりは重要になってくるポイントでもあります。

 

認可される条件としてはきびしいものが並んでいたり、実際に地方道路公社が廃止されてしまった県も存在していますが、この地方道路公社を所有している県はその団体が国から認められていると言うことになりますので、それだけでも十分に誇りを持ってもいいものとなります。それから有料道路として一般的に有名な存在の高速道路を管轄しているのも、一部の地方ではこの地方道路公社になります。

最近の投稿