地方道路公社いろいろ

有料道路を維持したり、管理をしたりできるのは地方道路公社と呼ばれている企業になります。企業と言っても一般の企業とは違う存在になっており、国、もしくは地方の公共団体が保有している「公企業」としての存在であるのが地方道路公社になります。

 

そんな公企業の地方道路公社ですが、業務としては前述の通り有料の道路、それからクルマの有料駐車場を管理・維持することが出来るようになっています。またそのほかにも団体のトップの人の承認があれば一般道路の建設や管理もできるようになることがあります。一般社団法人、または一般財団法人に関しての法律が適用されており、設立のためにはいろいろきびしい条件をクリアしなければなりません。人口が50万人以上居る「市」であって、それが政令もしくは都道府県によって指定されているかどうかや、地方公共団体による過半数の出資が必要であると言うことなどから、もともと群馬県や北海道、沖縄県などでは設立されていないのです。

 

それ以外では地方道路公社自体が廃止されてしまったところもあって、首都である東京がそうですし、岡山県や和歌山県も廃止されてしまいましたので、全部の都道府県に地方道路公社があるわけではありません。

最近の投稿