SAやPAについて

a1180_001018

 

 

世界の高速道路にある、SA(サービスエリア)やPA(パーキンエリア)は、日本のものと異なるので注意してください。

 
日本のSAやPAは、高速道路の途中にありますね。まあ、海外でもそれは同じで、高速道路で疲れたら休むことができるでしょう。しかし、その敷地面積は広くちょっとした休憩スペースとしてはとても大きいですね。犬の散歩などもすることができるところで、敷地面積で言えば日本よりも大きいでしょう。しかし施設は、日本のPAと同じようなもので、トイレとチップを払って自分で注ぐタイプのものしかありません。要するに殺風景である。まあ、その分高速道路を徒歩で降りることができるところがあり、町に行っていろいろなことが出来るので、ある意味これでも良いですね。だから、PA系のエリアは、日本と比べるとちょっと物足りません。何か必要なら高速道路を降りろと言うことです。

 

このように、海外のSAやPAは日本と異なるでしょう。むしろ日本が充実し過ぎと言う点もありますが、日本なんかに出来ないことが海外にできているので、これはこれで問題ないでしょう。むしろ日本もこのようにしたらいろいろできるのでは無いかと思われます。まあ、するには近くに町が無いといけませんがね。

最近の投稿