高速道路の構造について

海外の高速道路は、日本の高速道路と構造が若干違う場合がありますので注意してください。

 
海外の高速道路は、かなり長く広く設計されています。日本と違いすぐに高速道路を降りることが出来ないため注意しないといけませんが、その分スピードを出すことが出来るので良いでしょう。ます、明らかに違うのが直線の長さですね。かなり長くすぐに最高速度に行く事ができるでしょう。だから、相当速い自動車が出てきます。また、高速道路によっては3車線以上ある広いところもあり、かなり快適に進むことができるでしょう。他にも、日本のように山道に高速道路を作らないことが多く、どちらかと言うと荒野などに高速道路があり、周りがかなり広く見渡せます。だから、速度に注意していないと相当速くなる場合がありますね。ちなみに、首都近くは日本とそこまで変わりません。だから、入り組んでいる場合もありますので、注意してください。

 
このように海外の高速道路は、日本の高速道路と構造が違いますね。基本的に「より速く」、「より走りやすく」、「より安全に」をモットーにしているので、このような高速道路になったのでしょうね。ただし、今回紹介したような高速道路が、全ての海外の高速道路ではありません。場所によっては日本と何も変わらない高速道路もあるので、注意しましょう。

最近の投稿