空気圧とトラブル

タイヤにとって重要な要素の一つに空気圧と呼ばれるものがあります。
この空気圧はしっかりと決まっていて低くても高くてもダメなのです。
taiya250タイヤの空気圧というのは車によって違います。
車にはしっかりと指定空気圧と呼ばれるものがあり、それ以上やそれ以下になってしまうとトラブルが起こってしまうことがあるのです。

 

ではタイヤの空気圧が違うことで起こるトラブルというのはどんなものなのでしょうか?
まずタイヤの空気圧が低い場合に起こるトラブルですが、タイヤの消耗が激しくなります。
空気圧が違うとタイヤの消耗というのは激しくなるのです。
次に発熱により損傷してしまうことがあります。
さらには車が浮いてしまうハイドロプレーニング現象が起こりやすくなったり、燃費などが悪くなったりするのです。
逆に空気圧が高すぎると乗り心地が悪くなったりバーストしてしまったりといった可能性があるのです。
もちろん消耗も激しくなります。

 

このようにタイヤの空気圧が違うだけでこれだけのトラブルの可能性を挙げてしまうのです。
こういったトラブルが起こってしまうと事故につながる可能性もあるので気をつけなければなりません。
しっかりと気をつけるようにしましょう。

最近の投稿